ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

5/3

8時ごろに起きた。6時ごろに夫のいつもの目覚ましが鳴って一度起きてしまっていたので私は不機嫌だった。化粧をして着替えて下に降りる。おばあさんと義姉がいた。朝ごはんを食べる。庭に猫がいるのを見つけた。おばあさんは猫に迷惑してると言っていた。昨日遅くまで元気だった甥っ子は寝てるらしかった。準備を済ませて、出かけようとしてると甥っ子が泣き出す声が聞こえた。夫と2人で二階に上って甥っ子を見に行った。泣いてる子は誰だーと言いながら甥っ子を抱きしめた。不機嫌だったのですぐに手は離した。車に荷物を積んで、運転席に座ると窓から義姉とおばあさんが見送ってくれた。不機嫌だった甥っ子も義姉に抱えられながら、手を振ってくれた。それから、お店に寄った。私は車から降りずに夫に挨拶だけ行ってもらった。出発するときに義母が店の窓から手を振ってくれた。高速に乗ると大鳴門橋の辺りで渋滞していた。上りの道路はガラガラで何事かと思ったら、サイドがベコベコになった車がレッカーで運ばれて行った。途中で夫に運転を交代してもらった。徳島自動車道の井川池田で下りて下道へ。うとうとしていたら、小歩危に差し掛かったところで肩を叩かれ起こされた。この後どうしたらいい?と夫は聞いてきた。大歩危のまんなかって店を目指してたら、満車で、向かいのホテルに停めるよう言われた。ホテルに停めてまんなかに行った。

f:id:BlackJoker:20170508220840j:image

f:id:BlackJoker:20170508220856j:image

駐車場から見下ろすと川が綺麗だった。まんなかの建物の中に入り、遊覧船のチケットを買った。1人1080円だった。並んでて乗れなかったりしてーと思いながら乗り場に向かったらすぐに乗せてもらえた。

f:id:BlackJoker:20170508221140j:image

f:id:BlackJoker:20170508221157j:image

地層の傾きが面白かった。大歩危小歩危の名前の由来も教えてくれた。30分で千円で結構満足した。船を降りてから、人気のない岩場の方に行って写真を撮った。

f:id:BlackJoker:20170508221345j:image

川ってのはやっぱり下流より上流の方が面白いなと思った。それからまんなかのレストランでオムライスを食べた。まあまあ美味しかった。もっとメニューがあればよかったのにとは思った。フェルトでいかにも手作りと言った感じで作られた変な鬼達を見ながら食べた。それから車を移動させてかずら橋へ。

f:id:BlackJoker:20170508221520j:image

すごく人がたくさん並んでいて、並んでまで渡りたい気はしなかったので諦めた。

近くの滝を見に行ったら案外よかった。

f:id:BlackJoker:20170508221643j:image

それから高松に向かった。山道を抜けて高知の大豊ICから乗り、一度愛媛を通過して高松へ。途中運転を交代してもらった。

f:id:BlackJoker:20170508221754j:image

讃岐富士かな?それから、ホテルまで行った。車は隣のビルの立体駐車場に止めた。街をぶらぶら歩く。

f:id:BlackJoker:20170508221921j:image

f:id:BlackJoker:20170508221939j:image

f:id:BlackJoker:20170508221957j:image

f:id:BlackJoker:20170508222008j:image

案外都会だった。夫が骨つき肉を食べたいと言うので一鶴や蘭丸というお店に行ったら並んでて入れなかった。通りかかった骨つき肉とうどんを食べられるお店に入った。一階は人がいっぱいで二階に通された。座敷だった。メニューがたりなかったり、水が出てこなくて、店員さんは片言で喋る外国人さんで、なかなか大変だった。周りのお客さん同士でメニューや箸入れを回した。

f:id:BlackJoker:20170508222229j:image

味は美味しかったけど明らかにGWの人の量を捌ききれなくなってる接客だった。夫はじゃこ天が気に入ったと言っていた。コンビニに寄って朝ごはんを買って、ホテルに戻った。ダブルしか部屋が取れなかったらしく、不満だった。枕が二種類あったけどどっちも首に合わなかった。