読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

 2/18

8時にパンが焼けて、パンの匂いがただよってきた。9時くらいに起きた。パンはかたまりのままだったし、干し芋を食べた。それから水周りの掃除をして、洗濯をした。緑のロングスカートをはいて、化粧をして、紙袋に楽譜三冊とメトロチューナーを入れた。夫に掃除機がけを任せて家を出た。車に乗ってBKCに向かった。BKC近くの某所で後輩sを拾った。道が混んでいて予定より20分ほど遅くなってしまった。C-cubeに行くと5つ下の後輩tと会った。tは昨日修論を提出したばかりとのことだった。九つ下の現役生iちゃんはなかなか来なかった。sがお腹が空いたというので、ご飯を食べようかと三人で注文をしようとしたときにiちゃんから何故かアークにいると言われたのでCcubeにいることを伝えた。一緒に昼ごはんを食べようという話になってCcubeで待ち合わせを伝えていたのに何故場所も時間もずれたところにいるんだろうと思った。会計をしているところにiちゃんは現れ、学生証を家に忘れたから取りに帰ると言って帰ってしまった。三人でだらだらとご飯を食べた。ロコモコを頼んだんだけど、お米がべちゃべちゃで不味かった。BKCのご飯って基本的に美味しい印象があるからちょっと悲しかった。そろそろiちゃんが戻ってきそうだと思って三人でアークに移動して二階で待っていた。まもなくiちゃんが来て、倉庫を開けてくれた。少しギターをいじっていると、衣笠の二つ下の後輩hがBKCに着いたというので迎えに行った。お昼ごはんの時間から声をかけていたけれど、なんとなくその時間には来ないだろうなあと思っていたら思った通りだった。それに、車で来ているというのも聞いて彼氏さんに車を出してもらってるんだろうなあと思ったらそれも思った通りだった。一緒に夕飯にいけるようsも私も車で来ておいたのもあんまり意味なかったなあと思ったけど勿論それは黙っておいた。来る前から、貰うものを貰ったらすぐに帰りますと連絡をもらったことも、なんだか悲しかった。そっけない感じ。まあいつもどおり「わかったー」「いいよー」みたいなテンションで連絡を返した。噴水のあたりでhとhの彼氏さんと落ち合う。紹介をされる。hは私のことをお世話になっている先輩と伝えていたけれど、全くお世話なんぞしたことなかったし、hの方が先輩のようなしっかりさがあったから違和感があった。2人を倉庫に招いた。iちゃんが荷物を並べておいてくれた。sとhはかなり久しぶりに会ったようで、hはsに丸くなりましたねと伝えていた。hはすぐ帰ると言っていたわりに非常にじっくりと備品を見ていた。それからギター8本くらいとアンプ3つ持ち帰るというので、彼氏さんに近くまで車を寄せるよう伝えた。それからsに荷物番を頼み、tとiちゃんと私は運ぶのを手伝った。荷物が多かったので、車に全て乗るか心配で、hの彼氏さんになんの車種の車を使ってきたのか聞きたいけど、初対面なのにいきなり車種を聞くのって変かなと思って、遠まわしに「どんな車で来たんですか」って聞いた。そしたら「普通の乗用車です」って言われてこけそうになった。それから一緒に荷物を運んでるときにストレートに「なんの車種ですか」と聞いたら「ヴィッツみたいなのです」って答えられた。それは違和感のある答えだった。自分の車ならしっかりと車種を答えるはずだし、もし私が車種に詳しくないと思って気を遣ってコンパクトカーと答えず、有名な車種を挙げたとしてもそれは変な感じだと思った。車を見たらレンタカーのフィットだった。初心者マークが貼ってあった。なんとなくその違和感に対して理解し、荷物をつめた。そして2人を見送った。tとiちゃんと倉庫に戻ろうとすると、倉庫の窓からsが寂しそうに見つめていた。sは寂しがり屋なのだと2人に伝えた。倉庫に戻り、皆でユニオンのコンビニに飲み物とお菓子を買いに行った。それからしばらく四人でギターをおのおの楽しんでいた。sがドラえもんのアンサンブルの楽譜を持って来て皆で弾こうと言い出した。アンサンブルはいいけど他の曲にしようとなって、オブラディオブラダを弾くことにした。sにパートを決めさせた。譜読み直後、sと2人でまず合わせたら崩壊した。アンサンブルってきちんとやるのは7年ぶりくらいだったので、なかなか難しいと思った。だけど、机の真ん中にメトロを置いて、四人で机の周りに座って合わせたらできた。ちょっと楽しかった。少しずつ早めていって弾いた。それからsやtは楽譜を掘り出してきた。

https://www.instagram.com/p/BQp3LF9BX40/

スパニッシュコーヒーと言って、BKCクラシックギタークラブでは代々一回生が新年の演奏会で発表するアンサンブル曲だった。一回生で2,3ヶ月はかけて弾く曲だった。iちゃんは同期がいないのでこの曲は知らないとのことだった。すぐ弾くにはさすがに自信のない私は躊躇した。10年前に担当していた2ndを申し出た。弾いているうちになんとなく運指を思い出してきた。ああ、そうだこんなメロディだった、と蘇ってきた。譜読みの時間程度しかsは時間を与えてくれず、メトロとともにあわせることになった。2ndは裏拍から入るところがところどころあるのだけれど、リズム感のない私はだいたいずれてしまうのが常だったのだけれど、10年前のアンサンブルの様子が浮かび上がってきて、ああそうだ、1stがこうきたら2ndがこう入っていくのだ…と思い出して弾く事ができた。体に染み付いたメロディやリズムが皮膚の表面や耳に脳に浮き上がってきて、変な心地がした。10年前、どんな思いで弾いていたのか、どんな気持ちで弾いていたのか、3rdの和音を思い出し、4thのベースを思い出し、全部が懐かしかった。sがメトロのペースを速める。最後はメトロの巻きが足りずにとまってしまったけれど、四人でのアンサンブルは止まらなかった。最後まで弾ききった。勿論全部きれいに弾けたわけじゃないんだけれど、なんとか合わせて最後まで弾けたことが嬉しかった。iちゃんはまだ二回生でほとんど一人で活動しているというのに、初見の楽譜のアンサンブルを合わせられるなんてすごいと思った。それからlet it beのアンサンブルをすることにした。譜読みの時間をsが与えてくれず、急に弾きだして、崩壊した。譜読みしてから合わせてみたものの、皆後半の編曲に賛同できずにやめた。

f:id:BlackJoker:20170220123408j:image

途中雹が降ってきて窓を叩いた。iちゃんと外を眺めた。沖縄出身のiちゃんに今年は雪が見られてよかったよねと伝えた。お腹が空いて食べに行くことにした。倉庫を片付けて、うちの車に乗ってsの車の元まで行って乗り換えてラジュに行った。sは辛いカレーを頼んでいたけれどiちゃんもtも私もディナーセット1500円を頼んだ。

https://www.instagram.com/p/BQp3WzXhwjt/

あと南草津のラジュにも久しぶりに行ってきた。やっぱり美味かった。これにラッシーもついて1500円。全然食い切れへんかった。

やっぱりラジュは美味しかった。tはFという定食屋がなくなったのが寂しいと言っていたけれど、私はかつて食べて微妙だと思ったなあとかそんな話をした。9時前になって、明日の朝は早いのでもう帰ろうと伝えて帰路に着いた。うちの車にiちゃんと乗り、sとtと別れた。iちゃんは今日でsのイメージが寂しがり屋さんになったと言っていた。iちゃんを家まで送って帰路についた。途中知らない適当な道に入ったら思ったとおりに通れずちょっと遠回りをして帰った。夫はドラクエをしてた。お風呂に入って12時前に寝た。