読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

おかんから頼まれた内職の仕事があって
材料が日曜日午前に届いてから月曜日の夕方まで、コタツに入ってずっと制作してた。飯は夫に全部用意してもらってた。思った以上に長時間はまりこんでたみたいで、今日の夕方に塾へ行くとき、駅までの道で腰やお尻の上辺りが痛くて痛くて仕方なかった。だから私は早く制作を終わらせなくちゃと思った。材料がなくなれば作るものもなくなるわけで。内職言うてもアクセサリー作り。手芸品なので、送られてきた限られた材料から自分なりにデザインして作るのが楽しくて仕方ない。
何個くらい作ったかわからないけど、途中夫が六十個くらいって言ってたからもしかしたら百近く作ったのかもしれない。でもそうゆういくつくらい作ったとか全然わからない。就活の時に何社くらいに履歴書送った?とか言われても全くピンと来なかったあの感覚と同じ。それらを数えようって発想がない。夫は律儀に数えるタイプみたいで、理解しあえないなあと思ったけど、そうかー数えるって言う切り口があるのかーって思わされた。

これは昨日のごはん
f:id:BlackJoker:20160322013355j:image
これは今日のごはん
f:id:BlackJoker:20160322013417j:image