ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

3/11金曜日
2駅先で夫と待ち合わせをしてカレー屋さんに食べにいった。うちは親子丼食べたけど。その後、家までの道のりにあるコンビニ四軒全部寄って明日のためのおやつを買った。
f:id:BlackJoker:20160315202954j:image

3/12土曜日
朝に起きて掃除をした。荷造りして出発。

ってわけで、浜松駅で乗ってたのぞみが停まってしまって足止めを食らった。斜めのところで40分くらい停まってた。後輩達とLINEをしながら時間を潰した。

新神戸で降りて三宮で荷物をコインロッカーに入れて元町までぶらぶらと歩いた。お目当てはcluetoって言うお店。ずっと行きたくて行きたくて、やっと行けた。最初に支店の方に行って、お目当てのがなくて本店行って、買った。支店に戻って夫も購入。無難な色にしようとしてたけど、たまにはこうゆうのどう?って勧めたらそっち買ってた。

f:id:BlackJoker:20160315203317j:image

帆布カバンなんだけど、やわらかいし形が可愛い。バッグインバッグもかわいかったしやっぱり買っておけばよかったなあ。いつか買うと思う。

f:id:BlackJoker:20160315203444j:image

元町から電車に乗って三宮に戻ってバスに乗って淡路へ。九時前に家に着いてごはんをもらった。バスの中で、夫とご飯のメニューで賭けてたら見事に夫が天ぷらを当てたんやけど、夫から提案してきた賭けだったし絶対事前情報あったんやと思う。

んでご飯食べたらすぐに妖怪体操の練習が始まった。

歌詞の流れもだいぶ覚えた。夜はお義父さんと義姉の旦那さんの会話のところにお茶を飲みに行ったらなんだか会話に参加したみたくなって、邪魔しちゃったかなあと思った。義姉がきてから旦那さんの家の雰囲気が変わって、お店持つ発想になったとか、義母がきてから我が家もそうなったみたいな義父の話とか。女のパワーはすげえぞって話な感じだった。

夫がお風呂から上がってきて、義姉の旦那さんと夫と三人で夜の一時まで話してた。義姉とどう出会ったかとか、出会った時どんな風に思ったかって話を聞けて興味深かった。初めて出会って「この人と結婚するんやろうな」っていうビビビッがあったらしい。そうゆうのってなんか凄い。義姉の旦那さんとたくさん話せて楽しかったって夫は言ってた。あと、義兄の動きが謎すぎて、こーすべきみたいなのを少し話して寝た。

3/13日曜日

ちょっと寝不足のまま朝七時に起きてご飯を食べてドレスを着た。皆バタバタしてた。義姉の旦那さんがみんなの髪の毛をセットしてて、いいなあって見てたら最後の五分でセットしてくれた。でも前髪落ちてきちゃって、どうしたらいいのかわからなくて放っておいた。バスがいつくるかわからなくて、おばあさんが家を出たり入ったりしてた。南あわじからきたマイクロバスには親戚が既に乗ってて、そこに皆で乗り込んだ。夫とは前後の席になって話しにくかった。舞子トンネルでやたら渋滞してて何かと思ったら前がぐちゃぐちゃになった車と同じく前がぐちゃぐちゃになって横転してるトラックがあった。救急車はまだ着いてなくて座り込んでる人達がいた。そこを越えるとすぐに六甲アイランドに着いた。初めて六甲アイランドってきた。

随分早く着いて、皆で寒い寒い言いながら仮の控え室で待ってた。お嫁さん側の親族の人がめっちゃケバくてビビる。ちゃんとした控え室に移って夫と一緒に受付の担当をした。あっという間に終わった。トイレに行ったら従兄弟の娘のおむつチェンジをドア前でしててびっくりした。でもなんかおもろい。あと、参加者は親戚だらけだったから先にお祝い貰ってて、一つしか祝儀袋は回収しなかった。引き出物も持ち込み料金がかかるのか、後に全部配送するって言ってたし、パンフレットは店で作ったとかで折り目がガタガタだった。いろいろびっくりした。

そうこうしてるうちに挙式になった。義姉の服のチャックが上がらんなって二人でてんやわんやした。義兄が牧師と歩いてきて立ち止まる。お嫁さんもやってきた。こーゆードレスにしたんやなーとかいろいろ思ってた。そしたら隣の甥っ子が泣き出して、なかなか止まない。義姉の旦那さんが甥っ子を抱えて外にでようとするも義姉はずっとそれを止めてた。お義姉さんって強いなって思った。ぎゅって口元を結んで絶対参加するんだって顔してた。もうすぐ二歳になる甥っ子にも絶対参加させて、こうゆう場にも居られるようになるんだって意気なのかな、なんか隣で見てて凄みが伝わってきた。だから心の中で必死に泣き止め泣き止めって思った。

外へでて、生花の花びらを二人に撒いた。後ろにおっきなヒーターがあって暖かかった。その後はプールみたいなところの横で撮影をした。温かいお茶を飲めた。叔父がプールに飛び込め!みたいな発言してて皆で笑ってたらしいけど聞いてなかった。悲しい。

んで、披露宴。義兄たちのミスだと思うんやけど席次がなんかへんてこりんで、うちと夫は隣同士でなくて、向かい合って座ることになった。まあいいやと思って隣に座る叔母と話した。あんまり話したことない人だったから楽しかった。キノコのスープの臭いがきつくてテーブル皆で残した。あとはどれも概ね美味しかった。義母方の叔父が挨拶で呼ばれたとき義父の弟が準備しようとしてたんがおもろかった。義父方の叔父はいらんおもろいことばっかり言ってておもろかった。このテーブルでよかったと思った。

披露宴が終わって帰るってなって、皆で行きに乗ってきたマイクロバスに乗り込んだ。従兄弟の娘の二歳の女の子がバスの階段を一人で上れなくて固まってたから持ち上げてあげた。この子は凄く落ち着いてて動じないしめっちゃ食べるしいいキャラしとるって夫とほめあった。バスの中でおばあさんに宝塚ファミリーランドと馬事公苑どっちが有名か聞いたら馬事公苑の方が有名って言ってた。

家に着いて着替えて、おばあさんと義姉夫婦と夫とで嫁方の家族の話をした。義姉が嫁方の家族の一人に話しかけたら「(義姉のことを)妖精さんかと思った」って言われたって聞いて震えた。恐ろしい。そのうち両親と義兄も帰ってきて、皆で義兄の新居を見に行った。甥っ子は階段の上り下りを面白がってしてた。その合間に義姉に抱っこをせがむはずが間違えて私にせがんで恥ずかしそうにしてて皆で笑った。その後、見てはいけないものを見つけてしまって早々に外にでた。

家に戻って、ラスクを食べる食べないで揺れてる甥っ子や、義姉と夫が馬役やって甥っ子と遊ぶ姿を見てた。そうこうしてるうちにご飯になってすき焼きを食べた。美味しかった。一気に食べて胃が痛くなった。食べてから、順番にお風呂に入った。甥っ子の風呂上がりを捕まえて抱きしめたら嫌がられた。悲しい。義姉と保育園とか英語教育について話した後にお風呂に入った。そして夫の仕事についての話を両親にして、皆部屋に引き上げた。

3/14月曜日

七時に起きて支度をして、ご飯を食べたらあっという間にバスの時間で、バス停まで義父に送ってもらった。雨で寒かった。バスでもその後の新幹線でもずっと寝てた。品川で降りて、鳥麻とメルヘンでご飯を買って帰った。荷物を片して、ご飯を食べて塾へ行ったらそれだけで疲れてしまった。