ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

明日の早起きに備えて、昨日早起きをしようとして失敗した。今日はちゃんと起きた。着替えてパンとチョコ食べて、外へ出た。

コンビニに行くってとき、いつも行ってたコンビニの店主は話しても会話にならなくて、コピー機が印刷物を出してくれなくなったときとか、切手買うときとか、こちらの言うことが通じなくてイライラした。変な言い訳がましいこととか言ってきたり、理解しがたかった。
最近行くコンビニを変えた。そこではイライラすることはない。切手を買うときもすんなり出してくれる。切手を入れる小さな袋が、切手ファイルの内側に取り出しやすいよう手作りで収納されているのを見て「効率の良い収納だなあ」と感心した。笑顔のある店員はいないけど、テキパキしてる人が多くていい感じ。
あんまりコンビニでの対応って気にしたことなかったし、人でコンビニを選ぶこともしたことなかったんだけど、人との相性とか会話のしやすさとかって重要だなあと思った。

確定申告をしに税務署へ行ってきた。勤労学生の枠から外されてることにもやもやする。なんで学生の身分である程度稼いだら勤労学生の枠が外されてしまうのか。むしろ、枠に収めておいて欲しい。
税務署は人だらけ。何してても隣にいる人間との距離が近くて腹が立つ。青にしようと思って調べてたら、去年の3/15までに書類を出していなきゃできないと知った。だから、来年用にその書類を貰ってきた。無知って嫌だなあと思うけど、こうゆうのってなんというか調べにくい。何からどうやって始めたらいいのかよくわからない。そう言えば簿記の勉強でもしようかなと呟いてた頃の私はどこへ消えた?

そんなことを考えながら電車に乗り込もうとしたら、電車から降りてきたお母さんに抱っこされた推定二歳の女の子がバイバイと手を振ってくれたので慌てて振り返した。かわええなあ。何も知らない小学生が書いた「納税」の習字の文字が税務署の壁一面に貼られていたことを思い出す。子どもがかわいいことに罪はないけど、そのかわいさを使う大人には罪があるような気がする。くっそ。

帰って奨学金の返済の書類を書いたり、物を整理したり。
岸部眞明の曲をギターで弾いた。