ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

お盆前に高校の同級生2人KとAと会って飲んだ。いつもだと4人で集まるのだけれど、社会人になってからは皆住んでいる場所がバラバラになってしまい、なかなか集まれない。今回はN抜きの3人で集まった。

Aは連絡をよこさないまま、集合時間に集合場所に来なかった。遅刻魔なので気にしなかったが、2人で居ても仕方がないので、Aの実家まで歩いていける距離だったこともあり、Kと私は実家のインターホンを鳴らしに行った。10回くらい押しても誰も出ず、五箇所も蚊に刺されて文句を言いながら飲み屋へと向かった。Kと2人で話していると、集合時間から遅れること2時間、やっとAが連絡を寄越してきた。寮で寝てたとのこと。数十分後にやってきたAは適当な格好のまま、3時間充電して20分しか使えなくなったガラケー片手にやってきた。柄にもなく猫がプリントされたTシャツを着ていた。

3人で話は盛り上がった。「PPK」と言う話を聞いたり、未成年に選挙権がなく、増えていく老人にばかり選挙権が偏るのであれば過成年と言う考えを導入して選挙権を…云々みたいな話は印象に残った。彼らは2人とも同じ専門職なので、その業界の話をたくさん聞いた。なかなか面白かった反面、同じ高校時代を過ごして10年経って、こんなにも色んなところで差がついてしまったのかと落胆もした。そんな中、結婚の報告をすると2人ともとても驚いていた。Kが来れなかったNにこっそり電話していたようで、折り返しの連絡が来た。その電話を取るとKは一言目に
「⚫︎⚫︎が結婚したってよ!」
と言ってくれてなんだか嬉しかった。電話の向こうのNも結婚が決まったらしく、式に呼んでくれるとのこと、そして、式で会う前に4人で集まりたいと思っていると伝えてくれた。

今までずっとメールでやり取りしていたが遂にLINEでつながり、グループを作った。久しぶりに会った余韻が冷めなくて、帰ってからも夜中までLINEをしていた。気になっていたAのTシャツについて聞くと、背中にも大きく猫が描かれているんだぜ!と言って背中を写した写真を見せてくれた。外で撮られたAの背中の写真は明らかに他人が撮ったものであったので、誰に撮ってもらったのかと聞いたら、交番でお巡りさんに頼んだと言っていて相変わらずのAに呆れた。

4人皆高校は同じで、でも、KとNとは同じクラスになったことがなかった。4人で仲良くなったのは通っていた塾が同じだったからで、高校生当時、夜の塾の時間に一緒にいることが多かった。共通の友人が多いわけではなかったことが良かったのかはわからないけれど、深入りしすぎず、でもお互いを心配しつつ、浪人していた1人が受かったと聞けば皆でメールで喜び、資格に受かったと聞けばやっぱり皆でメールで喜び、そうやって10年間続いてきた友人達。これからも数年に一度しか会えないかもしれないけれど、仲良くやっていきたいなと思ってる。

とりあえず年末か年始に4人で集まるようなので楽しみ。