ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

今年度初めて大学で授業を受けてきた。この前期セメスターでは必修の実技を含めても4科目しかなく、うち2科目は抽選なので、これより減るかもしれない。
まあ、兎角、今日は今日の科目を受けてきたわけで。実技科目なのだが初回授業ということでガイダンスを兼ねた座学であった。漆塗りを体験させてくれる実技授業である。漆はかぶれる人が多いとのことで、カシューを使うと聞いたが、漆の作り方や使い方、歴史なんかを教えてくれて興味深かった。
美大に入って驚いたのは座学が思った以上に楽しいことだ。現代アートなんかの歴史の浅い、講師個人個人の裁量に頼りがちな分野より、歴史ある材料や作品傾向なんかの話の方が楽しかった。
昨年はやる気の低下もあり、あまり真面目に聞いていなかった節もあるが、今日久々に授業を聞くとなかなか楽しい。教養として持っておいてもよさそうなことを聞かせてもらえたのがいい。

先日の健康診断で、右目の視力が下がっていたことに落胆した私は、遠くのものを眺めるといいと言う後輩の言葉を信じ、行きの電車の窓から景色を眺めていた。八王子にある大学のおかげで、遠くの景色を眺められる車窓を堪能できる。が、しかし、マンションが多いのは首都圏故だろう、楽しいとは言い難い。

マスクを外した。生徒からそろそろマスク焼けしてしまう季節だと指摘を受けたからだ。最初は心許ない感じがしたが、次第に慣れてきた。心なしか背筋もピンとする。短くなった髪の毛にやっと慣れ始めて、今まで隠れていた首元にも気を使うようになった。

授業を終えて一人、煙草を吸った。友達と言えるような人物は特におらず、桜を眺めて黙ってふかしていた。まだ少し寒い春の空気を感じて、少し長く煙を吐き出す。凛とした人になりたいなあと思う。