読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

家のすぐそばの
道路のへりの
落ち葉が溜まっているところに
数日前からスズメが眠っている。
綺麗に羽根を折り畳んで、頭を下に向けて、
寒さから身を守るように丸まって
眠っている。

次の日も
その次の日も
体勢を変えずに眠っている。

雨が降った日の朝、
スズメを見たら、羽根がすっかり濡れて
焦げ茶色になって
落ち葉にすっかり埋もれていた。

見るのが怖くなって
近くを歩く時は、
スズメがいる反対側の方のへりに沿って歩いていた。

見ないように
見ないように
って思っていても目の端っこでスズメを探してしまう。
落ち葉の中にいるスズメを探してしまう。

いつも落ち葉を片付けている近所のおばちゃんの登場を待ち望んでたんだけど
なかなか現れない。
いつまで経っても現れない。
だから落ち葉の中のスズメは眠ったまま。

晴れて、スズメに太陽が射した。
寒いけど羽根は乾いていた。
ふわふわの羽根が目のはたに見えた。

ふわふわの羽根だけみたいに見えた。
食べられちゃったのかもしれない。
よくお散歩している猫たちに。
もしくはカラスに。
食べられちゃって、胴体はすっからかんになってしまったかもしれない。

それでも怖くて
スズメのいる側は歩かない。

スズメの死体って今まであまり見た記憶がない。
鳩もカラスも見たことがあったし
なんの鳥かわからない雛の死体も見たことがあったけど
スズメの死体は初めて見た。
鳥たちって普段どこで死んで死体はどこに行ってしまうんだろう。
あんなにもたくさん飛んでるのにそんなに死体は見かけない。
誰かが片付けてるのかな?

この一週間ずっとずっとスズメが気になって仕方ない。