ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

なんとなくずうっと眠い。
昨日で学童の仕事は最後だったが、学童のイラストを作る仕事が正式に舞い込んできて、決して暇ではない。それどころか全然作れていない。最近は家に帰ってもゲームばかりで、Twitterもろくに呟いていない。
社会人の頃もこんなだったかもしれない。それにしても夏期講習って言うのは長い。色んな科目を担当させてもらえているので、ああそうだったこれはそうだったと思って色々と学びなおすことが多い。賢くなっているはずなのに仕事以外はゲームばかりで、賢くなっている気なんてしない。
7.5時間から9時間の実働。休み時間を入れると10時間から12時間くらい塾にいる。楽しい仕事だけれど、やはり立ちっぱなしでずっとしゃべっているのはきつい。蓄積されている何かが心を蝕んで、いつもはニコニコと接せる発達障害の子にも苛つきが募る。一年間教えてやっと一つのことが出来るようになる。それを忍耐を盾にじっと見守る。これが辛い。親はもっと辛いんだろう、だから塾に多くの時間を割いて来ているのだろう。そんなことを思う。
そんな夏期講習も明日で終わる。夏が終わって行く。東京はアホみたく寒い。10月並みらしい。どうゆうことなのだろう。
私は何をしているんだろう。たくさんのやることがあるはずなのにちっとも出来ていない。疲れていると言う台詞を覆い、ゲームばかりしている。でも実際に頭が回らない。眠い。この眠気の理由は実はわかっていて、睡眠が足りていないのでなく、栄養が足りていないんだと思う。お昼に食べにいくところがなくて毎日昼ごはんはファーストフードだ。毎度の夕飯の牛丼屋も飽きてしまってお菓子をつまんでいるのがよくない。わかっている。でもお腹が空いても食べたいものがないのだ。

いろんな話が聞こえてくる。私の名前が出て来ていても私の身に直接降りかかってくることのない、形のない話だ。仕事がたくさんあって幸せなのに、体がついていかない。眠い。眠い。