ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

今、塾で双子を教えている。小学生の男の子たちで、二卵性。故に、顔は似てなくて、体格も違う。兄の方は人とあまりしゃべらず、表情も変化がなくてこだわりが強い。爪を噛む癖があって、自分のペースを乱されたくないタイプ。弟は二人の意見をまとめて人に主張するタイプ。表情はくるくると変わるし、よく喋る。こだわりはそんなになくて、でも人の台詞とかをすぐに気にする。二人は仲が良くて、一緒にテレビを見たり、行動もだいたい一緒にしている。二人の世界があるせいか、塾で友達も作らずに二人で過ごしている。個別指導で弟の方を一年くらい見ている。兄は半年くらい前から受け持つようになった。二人は全く違う。兄は文系科目が得意で読書が好き。弟は理系科目が得意で読書には興味がない。兄の方が観察力があり自分の中で答えを探る。弟は堪え性がなく、人に聞いてしまいがちなんだけど吸収が早い。字だって違う。二人の字は多分識別できる。鉛筆の持ち方が違うのか、筆跡に出る癖が大幅に違う。講習中に理科社会を教えていた時、兄はいろいろと知っているのでテンポよく授業が進むなあと思っていた。次の日に同じ範囲を弟に指導したら全く知らない状況。たくさんの質問が飛び、ゆっくりと進むかと思いきやそうではない。吸収の早さの違いからか、結局弟の方が進度が早くなってしまったり。

そうやってここ一年くらい双子の観察をしてる。最近双子に関する教育の書籍を買ってたまに読み、少しづつ読み進めているんだけど、やっぱり一卵性とは違うなあと思う。かつても中学生の女の子の双子を集団授業で受け持ったことがあるんだけど、やっぱり顔は似てなくて片方は静かであまり喋らず、表情は変わらない。もう片方はよく話し、表情もくるくる変わる。顔も体格も全然違う。そして二人仲が良い。ここらへんは上記の男の子たちとそっくり。でもちょっと違うことがあって、塾の視点で見てるからだろうけど、男の子たちには成績の差が出る。親御さんの話でもそうなのだがなににしても結局は弟が勝ってしまう。中学生の女の子たちはほとんど成績の差がなく、正直どちらも成績は悪かった。男の子たちの方が相手の成績を意識してるように見える。「⚫︎⚫︎の成績はどうだった?」と訊いてくる。

なんでこの話を今持ち出したのかと言うと、塾で暑中見舞いを送るんだけど、そこにコメントを添えなければならない。弟は私しか授業を受け持つ講師がいないのでたっぷり書いてやらななあと思って書いたんだけど、兄はもう一人受け持っている講師がいるから弟の半分くらいのコメントを添えた。家で二人は葉書を見比べるだろう。先生は俺の方にはたくさん書いてくれてる、と言うかもしれない。親御さんも目にするだろう。やっぱり書き足した方がいいかなと、昨夜の失敗を反省している。これがこの記事を書き出したきっかけ。

二人並べて、別々に指導していると嫌でも相手は私との授業を耳にしてしまうことになる。比較しないように比較しないようにと努めている。でも努めているからこそなのか、きちんと宿題をしてくる弟を褒めた後で、宿題をしていない兄を叱ってしまうのはどうなのかとも考えさせられる。他の生徒同士なら気を遣わなくて済むが双子であるとここらへんはやはり気にかかる。兄をほめてあげなければと思っていいところをピックアップして褒める。兄は表情に変化がないし、私とあまり目を合わせてくれない。弟は褒めるとこちらをキラキラとした目で見つめてきてニッコリ微笑む。いくら仕事だとは言え、人と人で接する仕事なのだから私にも彼らの思い方の差異は出てくる。

親御さんとしては二人を別々の学校に進学させたいようだ。1対1の個別指導にしたのもそのせいだろう。当初は、やはり、別の人間が指導した方が良いだろうと言うことで、私はかつて弟しか担当していなかったのだが、講習期間中のみ兄の他科目も見ることになり、それがきっかけで親御さんから兄も見て欲しいと連絡がきたので今はどちらも見ている。当時は嬉しい話だったのだが、今はそれに再び疑問を持ってしまう。二人を比べてしまうことは前ほどなくなったが、それでも同じ講師が双子をの他方に接している様子を彼らは観察し、何かを思っているはずで、また、私が二人にほどこす内容が、そりゃ二人は別の人間なのだから話す内容も違ってくるけれど、親御さんに比べられてしまうんじゃないかとか、まあいろいろ気に揉む。幸い二人の得意科目が全く別々に分かれていることもあって、そんなに指導について比べられることはないのだろうけれども。

双子って難しい。年の違う兄弟ともまた違う。いつもなんだって同時だからだ。同じテストを受けて帰ってくる。成績が大きく離れてしまった。成績をいつ渡せばいいのかタイミングが掴めない。二人はお互いの点数を話し合うことが常だから、いつか彼らの手に渡るこの偏差値だってお互い知ることになるだろう。でも本人達は本人達の志望校に偏差値の差があることも知っている。どう受け止めているかは聞いたことがない。

来週から夏期講習が始まる。二人にとってどんな夏になるのかなあと思う。しばらく双子観察は続く。