ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

今日から学校が始まった。とは言えまだオリエンテーション期間だ。去年はオリエンテーションしながら授業が始まっていた気がしてたんだけど気のせいだったんだろう。去年の記憶はいつもだいたいにして曖昧だから。
今日は雨で、傘を持って外出するのが面倒だ。学校はあんまり好きじゃなくて、でも、行ったら行ったでああ、こんなもんかと思った。一人にだけ挨拶された。私は何人かに挨拶しようとして、よっ!と手を上げる準備をしてるんだけど、手が5センチくらい上がったところで、あれ、タイミングが違うかなあと思って何度も手を下げた。
二年生の時に教職科目を頑張った結果、三年生は、週3日通えば十分なような気もするけれど、それでは生活のリズムがぐちゃぐちゃになってしまうので考えている。1限に入れなくても2限に入れてもいいんじゃないかとかそんな風に思ったり。自分で自分を律しない限りすぐにこのような生活リズムなんてものは崩れてしまうから。
ウソのように単位はあって、現在104もある。教職を入れたら130くらいあって、立命にいたとき、124をかき集めるのに五年間びっちりと時間をかけていたのか嘘の様。でも、この美大のカリキュラムは不安になる。日本美術史と東洋美術史は教職に必要なのにいつもバッティングしている。片方今年とったとしても、来年とれる確証があるのだろうか?下手したら二年後、一科目だけ大学に通う羽目になるのかもしれない。えっと、なんだっけ、科目等履修生ってやつ。

明日は少し早めに家を出て学費を振り込まなければ。一年分振り込むのはさすがに不安だからやっぱり分割納入だ。前期分だけとりあえず振り込もうと思う。802500円。私が美大の学生と言う身分を守るのに必要な額だ。かなり高い。理系の学生より高い。時々どころかしょっちゅう大学を辞めたくなる。積もっていく奨学金と言う名前の借金にびくびくしてる。ここで辞めて、奨学金をストップしてしまえば四百万の借金で済む。今後あと二年いたら一千万近くまで膨らむ。何をしてるんだろうと思う。一千万近くまで借金を膨らまして美大生でいたいのかなあと思う。死んでしまえば奨学金なんて無くなるしまあそれでもいいかなとは過るのだけれど。

あと2年かあ、と思う。2年のうちにどうにかこうにかしたいなあと思う。でも何になるって言うんだろう。ふわふわしたままだ。

今日同級生に聞かれた。お前って新卒になんの?って。でも就活をしたいとは思わない。このまま塾講師としてずるずる生活をしてもいい。昼間は資格の勉強をして、夜は塾講師。体力さえもつなら週六で塾講師をしててもいいかもしれない。

とか思うんだけど、本当?それで本当にいいの?って囁きがなんだか聞こえなくもない。

進学を決めて就職を決めていく周りの人たちの中でうちはずっと止まったままな気がしてる。ハタチの同級生達のように学生生活を素直に楽しめるわけでない。

ふう。春の雰囲気はいやだなあ。