ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

あくびが出る。淡く眠い。電車の足元の暖房は偉大だ。

最近は暖かくなってきて、布団から出る速度も上がってきた。
そもそも今週は予定が多めだ。昼まで寝ている日も減ってきた。いいことだ。

二年生に詰め込んでいた教職課程の授業はSとAだけに成績を留め、一通り単位を取得した。これで三年生は少しゆっくり出来ると良いのだけれど。

今週は新しい職場で新しい生徒と新しい教室で授業をした。目のクリクリとした男の子である。頭も良く、消化も早いのでテキスト通りに進めると授業時間が余って仕方ない。

火曜日は仕事を休んで、いや、そもそもろくに仕事など入らない日なのだが、日光へ行った。二年ぶりに会う友人が外車を転がして迎えに来てくれた。同い年で同じような道を歩んでいたはずなのに、外車を持ってることにびっくりした。すごい。しかもおっとりしてる感じの友人なのにぶいぶい言わせちゃうような車を乗ってることに驚きを隠せなかった。
雪の残る日光を、車高の低い真っ白な外車でぶいぶい言わせながら走る。バンパーにはいつの間にか氷柱が出来ている。
日光って近い。車だと200kmだ。目と鼻の先くらいに近い。
初めて見た東照宮はバカでかくて、ただただ圧倒されるばかりだった。木が大きい。建物が大きい。しかも凄く凝った作りだ。白の外装がこんなにも圧迫感を与えるだなんて知らなかった。
名前だけ知っていた鬼怒川もただの適当な川だろうと高を括っていたが、そんなことはなかった。吸い込まれそうな青緑の流れは目を見張ったし、渓谷の深さには、これまた圧倒感だ。

水曜日、起きて驚いた。いつだって車の旅行の後は疲労困憊なのに、普段通りの体力なのだ。外車はすごい、疲れさせないんだと思う。

木曜日は朝から池袋だった。池袋っていう街はほとんど降りたことがなくて、腐女子とやらの聖地と聞いているけれど全く興味もなく、新宿渋谷に次ぐ三番目のでかい駅でしょなんて印象しかなかったし、今回の訪問でも印象は特に変わらなかった。懐かしい面々を見かけ、嗚呼、懐かしいなと思った以上のこともない。帰って写真を編集していた。初めて気が付いたことがある。四回生の時の定期演奏会の写真を見たことがないということだ。後輩に頼み、データを貰う。頭が痛くなるから、と、滅多にしないポニーテールをした自分の姿がある。端の席で演奏をしている。確かに4thのパートだったような気もする。しかし、何の曲をやったかも思い出せない。前後は就活に勤しんでいたはずだ。それ以上のことなんて思い出せなかった。

今日は今日で、卒業展示を見に行った。見に行ったというか、記録として収めに行っただけのような気もする。桜木町は今の家から遠い。大好きだった桜木町。昔と対して変わらない桜木町。一人歩く。曇天。そそくさと帰ろうと思う。