読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

普段、せかせかと忙しく動き回ることの方が好きなのだけれど、最近は時間に追われずにゆっくりしていたい。
毎日少しつつだけれど仕事はあって、この時間までにこれをしなければならないというふうに生活するのはやや心のゆとりが足りないように思う。
怠慢が募り、この今日の記事は音声入力に頼っている。こたつに入り、クッションに頭を乗せて、寝転がりながらこの記事を書いている。書いていると言うより、喋っているだけなのだが。iPhoneの音声入力は結構正しく入力されて、たまに聞き取れなかったところや間違えを、キーボードで直すだけである。家に1人だからできることだと思う。他人がいたのなら、これは少々恥ずかしくてやってられないことだ。
でも、しゃべりながらこのようなブログに投稿すると言うのは、なんだか難しいなぁと思う。なぜなら、口語体と文語体を大きく違うからだ。
不自然に不自然が詰まって、書きたいこともろくにあるわけでは無いのだが、この音声入力にほとんどを頼るということを今日はやってみたいと思ったのだ。

今日は何をしようかなぁと思う。本当はやらなければならないこと、たくさんあるのだけれど、いつまでにと言うふうに期間が間近に迫っているわけでもない。トイレをはじめとする家の中のデコレーションをしたいなぁと思いもするが、何せ家の中が寒いから、こたつにいちど入ってしまうとなかなか出られないものである。
寝て過ごす事は楽しい。寝ることが好きなのだなあと思わされる。
最近は何も考えない。何も考えずにぼーっとするのだ。それは悲しくもならない、そこまで楽しいと言う訳でもない。面倒臭いと思うことは無視して、ひたすらにぼーっとするのだ。面倒だなぁと思ったことは募りに募って、いつの間にか拒絶反応起こし、嫌になって放り出すのだ。いちいち言葉にして、その想いを伝えることも面倒だと思ったりもする。ただの怠慢である。もうこのまま怠慢のまま、生きていきたい。ダラダラだらり。