読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ippuku

ものづくりが好きな塾講師のブログ

20日

空港まで両親と犬が迎えに来てくれた。

https://www.instagram.com/p/BJVP-XqhTFe/

仕事を辞めて長崎の実家に帰ってきました。(って書くとなんか怪しい感じになる)

スーパーに寄って帰り、3人で飯をとる。あんまりお腹は空いていなかった。(飛行機に乗る前に親子丼を食べたから。)

 

21日

起きて9時頃に親父と犬の散歩に出かける。近所の人に挨拶をする。すでに外は暑くて、犬はトイレを済ますと日陰に隠れて動かなくなってしまったので親父が抱えて帰った。そのあと、家の前に鳥が集まってきたのでパンを撒きに行った。最初1羽しかいなかったのに子どもが2羽現れたのでそいつらにも餌をあげた。おかんが習い事があるというので3人で車に乗り込んだ。習い事の先の家の犬と対面した。めちゃくちゃまつ毛が長くてびっくりした。親父と服を買いにしまむらみたいなところに行ったけれど下着だけ買って帰った。なんだか体調があんまり良くなくて帰りたかった。お腹がゆるめだった。おかんを迎えに行ってそのまま一緒にユニクロに行ってたくさん服を買ってもらった。夕食はしゃぶしゃぶだった。

 

22日

あんまり長く眠れない。散歩に行かないか誘われたけど行かなかった。下痢が酷くなっていた。昼前に市街地まで車で連れて行ってもらって内科にかかった。整腸剤をもらった。なんとか帰って家でだらだらする。頭がぼうっとしてきて熱を計ると37.5度まで上がっていた。夕食は母ちゃんの唐揚げとちらし寿司をリクエストしてたんだけど唐揚げは食べられなかった。ちょっと寂しかった。マツコのでてる録画した番組を母ちゃんとだらだら見てたんだけど20-30分おきにトイレに駆け込むもんだから、正露丸を飲んだ。これがいけなかった。感染性腸炎か知らんけど、そうゆうときは下痢で菌を出さなあかんのに、正露丸はNGだったみたいで夜中3時ごろ腹が痛くて痛くてたまらなくて下痢も治らないし、親父が夜間救急に連絡してくれたけど下痢は出すしかないと言われて泣いて取り乱して酷い状態になった。おかんが背中をさすってくれて、しばらくして寝付いた。感染性の腸炎が疑われるときはもうぜってー正露丸飲まねえ。

 

23日

四時間くらい寝て、目が覚めて、トイレにいってゴロゴロしてトイレにいって…を繰り返した。絶食した方が良さそうと親父に言われてポカリだけ飲んで過ごした。2時過ぎまでベッドの上で過ごした後、起き上がって着替えて荷造りをした。車に乗り込んで空港まで送ってもらった。昨日の台風の影響なのか飛行機は遅延していた。ぎりぎりまで座っておいて移動した。両親に手を振って別れた。飛行機に乗る。ひざ掛けを二枚もらって一枚は肩にかけていた。腹巻きもしていたし、腹巻きの下にはカイロを入れていた。真夏に信じられないかもしれないけれど私はそれくらい参っていた。無事に羽田に着いて、バスに乗り込んだ。タクシーに乗り継いでなんとか家についてトイレに駆け込んだ。夫が帰る頃、駅に迎えに行った。久しぶりに会って安心した。帰ってうどんを用意してもらって、数本食べた。

 

24日

ゴロゴロしていた。夫は市役所に転出届とかの手続きに行ってくれた。昼ご飯にうどんを作ってもらって、数本食べた。胃が痛くなって下痢にも参って、消化器科の病院を調べてもらった。ゆっくり歩いて15分くらいか、辿り着いた病院で、トイレに行ってる間に順番を飛ばされて簡単にブチ切れてしまった。もう凄く参ってた。参っていたせいか栄養剤の点滴を打ってくれた。寝れずにぼうっとしていた。夫は待合室にいたから、横にいてほしかったなあって思った。良いお医者さんで患者さんの入れ替わりの時とかにこっちの様子を何度かうかがってくれた。即帰った。翌日引っ越しだなんて信じられなかった。

 

25日

7時半ごろに起きた。8時半には引っ越し屋さんがきた。梱包してくれるというのでおばちゃん部隊を期待してたら若いお姉ちゃん等とおっさんだった。髪型を気にしてばかりのとろいお姉さんとキビキビ動くケバめのお姉さんはなんだかとても頼りなくて、でも口出しできるほどの体力はなくて和室に三角座りして眺めていた。部屋の中の養生もしてくれなかったし、靴下は新品に履き替えます!って営業の人言ってたけど、おっさんは汚い穴の空いた靴下を履いていた。トイレットペーパー最後に一個残しておいてください!腸炎なんです!って言ったのに全部積み込まれてた。積み込みは昼に終わって、ガス屋さんと大家さんが来て、一時には家を出た。

https://www.instagram.com/p/BJhMQHThHpe/

さよなら国領。三年間ありがとう。

f:id:BlackJoker:20160827215613j:image

国領はとても住みやすいところだったねって話をして電車に乗った。品川駅まで行って新幹線に乗った。なんとかトイレは大丈夫だった。ホテルに着いて、コンビニに行って、パン入りのスープを買って、部屋で飲んだ。たっぷり時間をかけて食べた。この日ずっと食べていなかったから嬉しかった。

 

26日

コンロが8時から届くから、と夫に言われて渋々新居に向かった。コンロはちっとも届かなかった。9時になって引っ越し屋さんがきた。関西の担当の人はめちゃくちゃ丁寧に養生してくれて、靴下も綺麗だった。配置も逐一聞いてくれて丁寧だった。次々と部屋は段ボールで埋まっていった。電気切れや、部屋の気になる点は管理会社の人に来てもらって確認してもらった。11:30頃には全部物が新居に収まった。百均とコンビニに行って、昼食にパン入りスープを食べた。荷解きのおばちゃん部隊が2時半に来るというので暇で少し荷解きをしていたら、昨日の若いお姉さんが包丁を仕舞い忘れて最後の箱にぶっ込んでいたのはいいとして、掃除用のモップと包丁を一緒の箱に雑多に入れていてカチンときた。他にも折れているものがあったり、荷解きのことを考えていない仕舞い方をしているものもあった。前の家の設備や火災報知器の説明書とか、調布市のゴミ袋とかまるまる全部出てきた。腹が立ってきた。夫は市役所に転入届もろもろしに行ってくれた。その間に荷解きのおばちゃん部隊3人が来てくれた。少しずつ段ボールが減っていくのを見ていた。夫に3本お茶を買ってきてもらった。おばちゃん達に渡す。最後に掃除機までかけてくれた。コンビニでご飯を買って部屋で素うどんを食べた。全部食べきれて嬉しかった。夜に洗面所を見ると歯ブラシ入れにペンが刺さってて意味がわからなかった。

 

27日

自分の家なのに自分の家じゃないみたいだった。6時半に目が覚めて、テレビつけたまままた寝ていて9時ごろ起きた。スープを食べて、夫が大家さん宛に荷物を梱包して、一緒に家を出た。電気屋さんでライトと冷蔵庫を買った。最近のシーリングライトは蛍光灯でなくて、LEDなのだということを関東の引っ越し屋さんに教わっていたので知ってはいたが、こうゆうのなんやなあって思った。冷蔵庫は夫が静かに買おうとしてるので横でガヤガヤ言って値引いてもらった。帰ってライトをつけて色々と片付けた。スーパーに行って買い物をして帰ってきて夫がご飯をつくってくれた。

https://www.instagram.com/p/BJnHmcjBD2k/

雑炊作ってもらった

 

昨夜は仕事の後に神保町で両親、弟と会った。飲み屋に三人がいるというので向かった。私以外はよく飲んでいた。当の私は寝不足のせいか胃が痛くて食事もそんなに食べられなかった。しかも串ばかり頼むので、串がそんなに好きでない私は手をつけなかった。トイレに行って戻ると、「あたしたち2軒目行くけどあんた帰るでしょ?」って母ちゃんに訊かれて、「なんで仲間はずれにすんねん、うちも行くわ」と言って4人で外へ出た。父親と弟が店を探すもなかなか見つからない。だいぶうろうろしてアメリカンな飲み屋に入った。飲み終わろうとしたところで弟が気を利かせて二杯目の同じ飲み物を頼んでくれてるんだけど、これがすごくウザかった。余計なお世話だと思った。もう飲みたくなかったから。それに払うのは親父だし。ちょっと注意すると両親も思っていたようで言葉添えしてくれて、弟がイライラしていた。あと弟の彼女が私と同学年らしく、しょげた話をした。(私と弟は4歳差)昔祖母が死んで、皆で祖母の残した小さな店の二階で話していて、祖母がベッド代わりにしていたソファのクッション下から「いつもあなたのことを考えています ⚫︎⚫︎○○」と言った文面と男性の名前が書かれた手紙が出てきて、「ばあちゃん、彼氏いたんか!やるな!85歳なのに!」みたく従姉と盛り上がってたんだけど、その手紙の主は地元で有名な占い師の商品らしいことが次の日わかって皆でガッカリした話とかしてた。

終電間際に帰る。ピンヒールに踏まれてブチ切れそうになる。最寄駅で降りる。3年弱住んだ夜の街を眺める。街灯は多めだ。人も結構いる。次に住む街はこんなに明るくなかったな。そんなことを思った。

2時くらいに寝た。

 

11時に目覚まし時計を合わせていたのに、今朝は9時前に目が覚めた。まだ寝たいが眠れそうにないのでスマホをいじる。王様のブランチをつけて朝食をとって、昨日社員さんからもらったお菓子をかじった。そうすると歯が痛んだ。仕事を辞めたんだから歯医者にでも行かなきゃな。

洗濯機を3回まわす。夫は夫の実家に向かっているみたいで連絡をずっと取っていた。荷造りをする。下着をほとんど洗濯してしまったから詰めるものがあまりなかった。準備が早く済んで家を出る。スマホを忘れて取りに帰る。大雨のあとで蒸し蒸ししていた。

羽田空港に着いてうろうろしていた。荷物は早々に預けた。お腹が空いているが食べたいものがない。店の文房具を見る。ああこれは(生徒の)⚫︎⚫︎が持ってたな、ふふふこれはあいつが持っていたペンと同じだ、なんて生徒の顔が浮かんでは消えた。もう会うことのない彼等。寂しくはない。なんの感情もない。

飛行機に乗り込む。人はまばらだ。隣もその隣の座席も空いている。ねむい。酷く眠たい。

f:id:BlackJoker:20160820191400j:image

ずっと夕陽を追いかけて、ずっと夕方みたいな空だった。

f:id:BlackJoker:20160820191439j:image

昨夜は仕事の後に高校の同級生と新宿三丁目の店で会った。結婚してから声をかけてくれなかったので、転勤前にとこちらから声をかけた。結婚出来ないことの悩みオンパレードだった。望みが高めだなあと話を聞いていて思った。美人か金持ちならいいと言うので、高校の同級生でそこそこ可愛くて金持ちでフリーの女友達の名前を出したら「ムリだ…あれ…どっちも揃ってるのに…」って呟いて同級生は迷路に迷い込んでいた。西口まで2人でぶらぶらと歩いて別れた。

 

今朝は5時半に目が覚めてからちっとも寝られなかった。なんでだろう。きつくなるから寝たいのに明るくて全然寝られず一時間後は諦めてスマホでゲームをしていた。手土産を持って家を出た。いつも通り授業をこなす。一コマ休みになって空きになったので仲の良い社員とスタッフのお姉さんとだらだら話した。高3のAO受験の志望理由の作文の骨組みを考えたりもした。こんなん自分で書けよ…。

最後の授業の前、突然皆の前で社員が「BJ先生はこの授業で最後で、辞められます。僕が赴任してから大変お世話になり…云々」と言い出してびっくりした。顔は赤くならず冷や汗が出た。私は直前までスタッフのお姉さんに「2人以外に直接は誰にも伝えてないですよ、まあ引き継ぎの都合上社員さんが他の先生に伝えてるとは思いますけど。私ね、嫌なんですよ、他の先生達から『あいつついに辞めるのか、しめしめ』って、私がいる間に思われるの嫌なんですよ。散々嫌がらせされましたからね。」って話をしたばかりだった。

一応皆の前でぼそりと「お世話になってました」って小さな声で呟いておいた。

私はこの校舎で働くようなって四年近く経ったけど、どんな嫌がらせもそんなに騒ぎ立てず、社員以外とはなるたけ接さず、話さず、声を押し殺して過ごしてきた。本当は誰かと仲良くなってみたかった。でもしなかった。仲良さそうに話しかけてきた講師が裏で私を散々に貶め、評価を下げようと画策し、挙げ句の果てに生徒を使ってきた。私はここの同僚達が大嫌いだった。

何事もなかったかのように、お先に失礼しますと呟いて帰った。私物は回収もしくは捨てた。私が居た気配全部消してやりたかった。私は最初からそこに居なかったかのように扱われたかった。生徒達に忘れられても良かった。そうすれば私だってたくさんの嫌なことを忘れられる気がした。

塾を出て、外の空気を吸っても清々したとかそんなことは思えなかった。まだまだ明日の連続性の先に、この塾へ勤める日常がある気がした。その日常を感じただけであとは何も思えなかった。

昨日はだらだらと家で過ごしていた。壁にかかっているものを片付けてはゲームをし、片付けてはゲームをし…夫から引っ越し日確定の連絡が来てからは片付けを放り出した。

職場の飲み会に行った。入り口が小さくてわかりにくお店だった。スタッフのお姉さんと若い学生講師がいた。三人で先に食べていたらもう1人のスタッフのお姉さんと社員さんとお世話になった先生が来て、もう少し経つとご近所さんの同い年の先生も来た。何話していいかわからなかったけど、オクラが上向いて生えるとか、海外じゃロブスターも伊勢海老もそんな区別がないとかそんな話をしてたんだけど、何故か終盤の方には怪しげな話を聞かされた。台風の中、皆で駅に向かった。近所の先生と一緒に電車に乗って帰ったんだけど、0.5人分くらい席を話して座られて妙だったし、もっと話してみたかったみたいなことを言ってもらえたのはまあいいとして、それにしても距離感の本当に取りにくい人だなあと思った。

 

朝ゆっくりめに起きて塾に行った。この子も会うのは最後かとか思ったけどそれ以上の感情も思いも考えも湧かず、淡々と授業を進めた。こんなこと教えたって他の先生が違う方法で教えたりするんだろうなって考えが頭に過ぎって力が抜ける。私は明後日には辞めるのだ。どうせ子ども達は私のことを忘れていく。私も会わなくなれば彼らのことを忘れていく。彼らにとって私は過ぎゆく人だしそれで構わない。だから、私は彼らに辞めることを伝えずに別れることになんの辛さも感じなくてとても楽だった。

夜に仕事を終えて新宿に行った。ニューマンのお店に友人2人が待っていた。女3人喋る。何を喋ればいいのかわからず、彼女達にずけずけ色々と聞く年頃でもなくなったから、私は私のことばかり話した。幸せの今について、夫の料理について、関西の暮らしについて…いくらでも出てきた。そんな私のことは少し嫌だったけれど、口が閉じなかった。どうしたらいいのかわからなかった。彼女達はそんなのを望んだか知らないけれど。でも2人といるときの私はいつもこんなだと思うしまあいいのかもしれなかった。

f:id:BlackJoker:20160817224435j:image

9時半に目が覚めてゲームをしていたら、10時にパンの焼けた音がして夫がむくりと起き上がった。ダラダラしていた。パンを食べてテレビを見て、洗濯機を三回まわした。夫はご飯を作ってくれた。それから荷造りをしていた。

f:id:BlackJoker:20160816001808j:image

暮れる前に夫と家を出て品川駅に向かった。電車はあまり混んでなかった。品川ではメルヘンでサンドイッチを2つ買って、新幹線改札のベンチで2人で食べた。新幹線の出発時刻が近付いて、夫を見送った。駅ナカで買い物をして地元の駅に戻った。良くしてくれた社員さんへ最後のお礼の品を買った。

f:id:BlackJoker:20160816002129j:image

他にも買い物をしたんだけど、店員が1人しかいないのにその1人が客のクレームに付きっ切りでレジに10人くらい行列になっていた。私は5人目くらいだったんだけど、あまりにも長く待ってて苛立ってきたので、大声で「他の店員さん呼べないんですか」って店員に聞いたら、その店員が慌てて電話して他の店員を呼んでいた。なんで他の人は黙って待てるんやろうって思った。私はいつもそうだ。全然黙ってられない。すぐに知らない人にも口出ししてしまう。耐えられないのだ、そうゆうことに。小さい頃からそうだった。無駄に正義感が強くて、マナー違反の人を見かけるとつい声に出してしまっていた。じっと黙ってられなかったから、そうゆう正義感は本当の正義感ではなくて、ただのお節介で、そんなものなら要らないと思ってた。今も思ってる。今だってマナー違反の人を見かけると気になってしまう。直接注意することはなくなったけど、隣に夫がいたら絶対伝えてしまう。マナー違反だけじゃなくて今日みたく、こうしたらいいのにって思ったことはすぐに口にする。大学での実験中に同じように口にして、クラスメイトのプライドを酷く傷つけてしまったこと、就活中に他の学生から距離を置かれてしまったこと…いくらでも思い出せる。私は私のこうゆうところ本当にいらない点だと思ってる。

帰ってからシャワーを浴びて、生徒たちに手紙を書いていた。私が辞めてから社員さんに渡してもらおうと思って書いている。でも社員さんが渡さない方がいいと判断したなら捨ててもらってもいいと思ってる。生徒が塾を辞めると言いだしたら、手紙を引き留める道具にしてもらっても構わない。その心づもりで書いている。今日書けたのは三人分。三人とも長い付き合いの女の子達だ。彼女達と出会えてよかったと思ってるけど、何故か悲しくならなかった。きっと私にまだ辞める実感が湧いてないからだと思う。悲しく寂しく思わないままでいたいなあ。

 

今日は8時前に目が覚めてごろごろしていたんだけれど、パンが10時に焼けたので夫を起こした。ご飯食べたり掃除したりしてたら急に夫が着替え始めて「どこか行くの?」と聞いたら、「え?行かんの?」みたいに言われて「どこに?」って聞いたら「せっかくやし…どっかに」って言うので、行き先を決めてもらって家を出た。コンビニでサンドイッチとクレープを買って食べて向かった。

f:id:BlackJoker:20160814202520j:image

等々力渓谷。私が学生の頃から好きな場所。でも人が結構多くて落ち着かなかった。

f:id:BlackJoker:20160814202604j:image

f:id:BlackJoker:20160814202616j:image

等々力からちんたら歩いてぶらつく。住宅展示場に入って一軒だけ見てみた。夫があんまりこーゆーとこ入ったことないって言ってたので腕を引っ張って連れて行った。その後、私の出身中学を見に行ったら、体育館の外観が汚らしく見えた。喫茶店で休憩。

駒沢公園をぶらぶら。

f:id:BlackJoker:20160814202942j:image

新しい建物ができようとしてた。

f:id:BlackJoker:20160814203008j:image

15年前より地面がフラットになった気がする…気のせいかなあ。駒澤大学駅まで抜けてバスに乗る。

f:id:BlackJoker:20160814203035j:image

なんだこの時刻表は。

三宿で降りて喜楽亭に入る。もう来る機会はないだろうと思って並んで待った。ここのお店、壺焼きカレーのお店なんだけどめっちゃ美味しい。高校生の時に親父が夜に私を連れ出して、車を飛ばして連れて行ってくれたお店。

f:id:BlackJoker:20160814203330j:image

三軒茶屋までぶらぶら歩いて電車乗って帰った。

東京を離れる前に行きたいところを回ってきた。まずは三鷹の山田文具店。次に高円寺へ移動してクレープ屋さんへ。

純情商店街を抜けて

f:id:BlackJoker:20160813233557j:image

ハニービーというクレープ屋さん。

f:id:BlackJoker:20160813233517j:image

皮がすごくおいしい。甘すぎなくてよい。

f:id:BlackJoker:20160813233536j:image

 吉祥寺へ移動して次は引っ越し準備。家具屋さんをまわり、ナチュラルキッチンへ行き、喫茶店で休み、ヨドバシで家電を見た。ヨドバシにいたとき、後輩Tが来て3人でヨドバシをまわった。冷蔵庫コーナーにいたおっちゃんの話がすごく為になった。2人暮らしやから350Lくらいの冷蔵庫を考えてたんやけど、おっちゃん曰く、400L超えの冷蔵庫が一番メーカーは力を入れてるから、350L買うより安いし電気代も安いとのこと。確かに表示を見たらそうなっていた。他にもメーカー毎の違いを教えてくれた。

パナソニックはコンプレッサの小型化に成功してるから、上部にコンプレッサがあり、下のスペースが広い。
シャープは除菌効果付き、両開き、脱臭機能付き、棚が折りたためる。
東芝は野菜室真ん中の唯一のメーカー、うるおい冷却があり、タッチで開く(肘でとんと扉をタッチすれば開く)。
日立は三日間刺身が保てるケースがある。スリープ野菜可。だけどちょっとせまい。

私は冷凍食品大好きやから冷凍庫真ん中がええねんけど、夫は野菜室真ん中がいいらしくて東芝にしようかなって言ってた。

オーブンレンジはよくわからなくて夫が全部話聞いてくれてた。あとミキサーとかコンロとか見たけど私はよくわからなかった。

Tと3人でびっくりドンキーでご飯を食べた。楳図かずおの家を見て、井の頭公園に立ち寄ってTと別れて、帰った。

昨日の東京タワーの階段の下りが響いてふくらはぎがとっても痛かった。